子供の気分で予定変更!「一緒に遊ぶ」ことを大切に

      2017/03/11

sponsored link

休日にどれだけ遊ぶか

どうも、ざわテンです!今日はペッキーとケイで二人朝早くから夜までお出かけする日だったので、娘のナアと親子水入らずの時間を過ごす日だった。前日から近くの大きい公園で遊んで、おもちゃ買ってあげて、などなど、ざわテンは密かに計画してました。

ということで今日はナアとの遊んだことをもとに、「一緒に遊ぶ」をテーマに書いていこうと思います!

突然ですが、ナアはものすごく気性が荒い。これは本当にペッキー譲りであると思う。ペッキーもそれを認めている。

朝、突然耳元で

「パパ起きるよ!!」叫ぶシャウトする

何時だ?と時計を見ると時刻は6時半。4歳の朝はパパと違い、休日も早い。

ペッキーとケイも朝早く起きて出かける準備を始めてドタバタしていましたが、ナアとざわテンは朝ごはんを優雅に食べ、テレビを見ながら出かけていく二人を無事見送りました。

「パパ今日は公園行くって言ったやろ!早く行くよ!」叫ぶシャウトする

……ナアよ、元気な産声をあげて今日で1,500日と少し。ナアの声は叫ばなくても毎日私の耳に十分に届いているよ。

さてさて、見送りオッケー、朝の準備は済んだし、ナアも叫ぶほど楽しみにしている近くの大きめの公園(遊具、広さともに充実している)に出かけることにした。

公園が空いている時間を狙う

これは駐車場に車を停める上で一番重要だと思います。お昼ご飯を食べた後の1時頃は激混みで停めるところがない!なんてこともありますので。

公園到着時刻は9時。ライバルなし!

「正月三が日だし、朝早くから公園に行こうぜ!」って人はいませんでした。

しかし、朝から公園で遊べる喜びと、誰もいない貸切空間でナアは興奮状態。鼻息も聞こえてきます。

壁の穴に手や足を入れて移動する遊具に夢中。写真では写っていませんが、ボルタリングゾーンもありました。さすがに4歳にボルタリングはまだ早かったかな。

ボルタリングってこんなのです

壁移動が飽きたらまた違う遊具、うんてい。6歳の兄、男の子ケイは臆病者なので、

「パパー、落ちるー助けて!」

とネガティブなことを言ってきますが、4歳の妹、女の子ナアは

「パパ、落ちたら助けてな」

とポジティブな発言で落ち着いてます。性別が逆だったらいいのになんて思うこともしばしば。

ひょいひょいと支えもなく、難なくクリア。心の中のリトルざわテンは言います。

「OMG!一人目を大事大事に育てすぎたかな?」

まぁこれも個性か。そんなこんなで2時間くらいあっち行ったりこっち行ったり。子供の体力は無尽蔵。ざわテンはヘトヘトです。休憩したい、お昼は小洒落たレストランで優雅にランチがしたい。

マダムA「お正月は毎年ハワイへ行くザマス」

マダムB「おやまぁ、うちもですのよ?ビーチの近くに別荘があるの」

マダムA「それはそれは。さぞかし優雅に過ごしているんでしょうね」

マダムB「いえいえ、Bさんのご家庭にはかないませんわ」

「オホホホホ」「ウフフフフ」

と、5,000円の豪華ランチを食べながらバチバチと静かな戦いを繰り広げる大都会のマダムのような刺激的な日々を過ごしたい。←ほんとに思ってる?

……冗談はさておき、子供ってほんとに休憩せずに遊ぶことができるんですね。普段子供の面倒を見てくれている保育園の先生方、毎日こんな子供たちを見てくれてほんとに尊敬します。ありがとう!

4歳くらいからかな、こんなに一人でズンズン遊べるようになるのは。そしてパパと「遊ぶ」という関係になってくる年齢というのは。今までは、補助ありきの遊び。もちろん、今のご時世親の目を離してはいけないということはあるが、遊びの中で競い合い、勝敗を決めると言うことができる年齢。とにかく、こんな素直に笑い合って遊ぶ時期なんて一瞬で過ぎると思うので、今この時間を大切にしたい。そう思いました。

sponsored link

昼ごはんは外で。外で食べるご飯は美味しさ二倍。

朝出かける前にランチはファミレスで「お子様ランチで笑顔を」作戦!を計画をしていたざわテン、お子様ランチ食べに出かけようとナアを言葉巧みに誘い出し、公園から車を出して、ふと「何が食べたい?」なんて聞いた時、ナアからこう提案がありました。

「お外でシート敷いて公園でおにぎり食べたい」

エクセレント!即採用!予定変更!外は風が強いがポカポカ陽気、問題なし!

早速、車のハンドルを急旋回し、レジャーシートチョコパイを100均で購入し、次に地元の手作りおにぎり店へ走らせます。ナアもパパもウッキウキ。

ざわテンは「しぐれ」「鮭」をゲット。ナアは「塩むすび」とサイドメニュー「コロッケ2個(パパと1個ずつ)」をゲット。お会計時、おばちゃんから粋な計らい「みかん(2個)」ゲット。くぅーテンション上がるぜ!

そして公園へ戻り、シートを敷いて先ほど買ったおにぎりを食べます。パクパク。

ナア「パパ、美味しいね!」

ざわテン「うん、美味しいね!」

……そこに5,000円の豪華ランチは必要ありませんでした!

急遽ナアの提案により「お子様ランチで笑顔を」作戦!を変更したことが功を奏しました。子供はこうすれば喜ぶかな、なんて親が余計なことは考えなくても、子供は子供なりに休日の楽しみ方、過ごし方を知っているんだなぁと考えさせられた一日でした。

最後に、皆さんにお伝えしたいことがあります。

「外で食べるおにぎりは、あなたの想像している二倍美味しい」

大切な人と食べると、美味しさは更に二倍となることでしょう。

ざわテンの「今日の家事シェア」

今日はペッキーとケイがいなかったため、育児に没頭していました。ペッキーは予定通り、夜帰ってきて相談した結果、

「洗濯、掃除は正月休みの最終日である明日にしよう!」

ということになりました。明日は忙しい日になりそう。

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - 育児