子供に片付ける習慣を身につけさせる方法は?片付けできない対処法は環境づくり?

      2017/03/11

sponsored link

こんにちは、ざわテンです。

家事の面倒なところはやっぱりお家の片付け。

「今日こそは綺麗にするぞ!」

でも一人でやっても捗らない、終わらない。

 

ここでちょっと冷静に考えてください。

「家族がいるのになんで一人で片付けしなきゃいけないの?」

 

そうなんです。

 

あなた一人が全て片付けてしまうと、

家族はそういうものだと思って何もしなくなります。

 

ここでしっかり言ってやりましょう!

「私は家事ロボットではない!!」

 

ざわテン家でよく見る光景を紹介します。

「パパ、これ片付けといて」

おもちゃで遊んだ後上目つかいで

これ娘ナアがよく言う言葉です。笑

パパが娘の可愛さに負けて片付けていると

ままペッキーの怒号が飛びます。

「あなたが甘やかすからロクな大人にならない!!」

 

 

このままではあかんな……。

 

そう思った私は2つの点に気をつけて

行動することにしました。

しっかりチェックしておいてくださいね。

片付け上手になるには収納環境を整える

ものを出しっぱなしにする原因としては

収納環境というものが整っていないから

かもしれません。

 

自分で片付けするときは

何がどこにあればいいのか

ちゃんとわかっているから

収納が出来るんです。

 

では自分がいないときはどうするか。

答えは簡単です。

わかりやすい収納環境を整えてあげることです。

 

具体的に言うとまずは

いつも出しっぱなしにしているものはどれか

その収納場所はあるのか?ないのか?

その場所にたどり着くまで

引き出しを開けて更にその中の箱のどこに〜

など複雑なアクションが必要ではないか?

 

そういったことをまず

確認してみてはどうでしょうか。

 

実際に自分が片付けている手順で面倒だな

と思うところがあれば家族のみんなも

同様に面倒で片付けにくいです。

そうなると片付ける可能性はほぼゼロ。

出しっぱなし率は99.9%(奇跡0.1%除く)

そしてこれがチェックリストです。

簡単ですが、確認してみましょう。

片付け上手の環境作りチェックリスト
□いつも出しっぱなし状態のものは?
(例えばテレビのリモコン)

□出しっぱなし状態のものに住所はある?
(リモコン置き場はある?)

□収納先は複雑な場所にない?
(操作する場所から収納場所が遠い、
 扉開けて箱の中などアクションが多いなど)

最低の決まりごと3つなので

1つでも該当すれば片付けは

上手くいかないかもしれません。

 

ママやパパがいなくても

環境が整えば自然と子供も絵本などを

片付けしてくれるようになってきました。

よしよし。

sponsored link

片付け上手になるには習慣付けること

片付けできる環境が整ったらあとは

それを習慣付けするのみ。

実際これが一番難しいですね。

成功の鍵はズバリ根気よく

「出した人が片付ける」

この習慣を身につける(させる)ことです。

 

決して根気負けしてはいけません!

根気負けしてパパが片付けてしまっては

娘ナアがロクな大人になりませんし

ママペッキーに怒られっぱなしです。

面倒ですが、根気よく、分かりやすく

何度でも諦めずに伝えることが大事です。

 

「片付けしてな!」

と命令形で言うのではなく

「元に戻せるかな?」

「綺麗にできる?」

と分かりやすい言葉で伝えるのが

ポイントだと思います。

 

小さなお子様がいる家庭では

「おもちゃのおうちへバイバイしようね」

「おもちゃが迷子になってない?」

と優しく聞いてあげてください。

イライラ頭ごなしにすると

お互いいい気持ちで片付けができません。

優しく冷静になれば

必ず家族の反応も変わってくるはず。

そして子供に限らず、

綺麗になったら

「やったー嬉しい!」

「気持ちいいね」

「ありがとう」

などきちんと喜びや感謝の気持ちを

忘れずに伝えましょう。

この言葉があるかないかで、

習慣は変わってくるはず。

 

家事はみんなでするもの。

気持ちを表さずにブスーッとしていては

家族も気持ちよくないし次はありません。

 

自分が言われて嬉しい言葉を

家族にも是非かけてあげてください。

 

そしてまとめて的な意味で

チェックリストです。

片付け上手の習慣付けチェックリスト
□ものは「出した人、使った人が元に戻す」が鉄則

□片付けてもらえる声掛けを根気よくする。
(「元に戻す事できる?」「綺麗にできる?」など)

□片付けができたら驚き、喜ぶ姿を忘れない。
(「気持ちいい!最高!」「ありがとう!」など)

最後に

片付け上手になるための環境作りや習慣付けについて

記事にしましたが、いかがでしょうか。

 

これをやればロクな大人にならずに済むか

と言えば少し疑問ではありますが、

大人である私が見本となって

これをやっておこうということを紹介しました。

 

最低でも上にある2つのチェックリストは

自分でも出来ているかな?

参考程度で結構ですので、

自分自身の行動を振り返ってみて

是非片付け上手な方になってください!

 

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - 清掃のすすめ , ,