正月太り、むくみに悩むパパはコレ!【黒酢を飲む】

      2017/03/11

sponsored link

あなたも言い訳していませんか?

はい、ざわテンです。今日は黒酢を飲むをテーマに語らせてください。

その前ご挨拶。

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

正月ってどうしてこんなにそわそわバタバタするんでしょうね……

「いろいろあったねー、やっと家事もひと段落して、良い年納めを……」

からの、連休からくる食っちゃ寝、食っちゃ寝。もうこのままずっと休みが続けばいいのに。どうにでもなーれ感。と、みなさまそれぞれのお気持ちを抱き、十分お休みを満喫していると思います。

ざわテン「このまま連休中はボーっと過ごして……」

みなさんもこういう気持ちですよね?……突然ですが一つだけ叫んでもいいですか?いいですか、ありがとうございます、それではお言葉に甘えて。

「OMG!なぜ美味しいものを食べて食っちゃ寝したら太るという試練を私たちに与えたんだい!!!」

……コホン、喉の調子はバッチリです。そんな状態で休日を過ごしていると、とどのつまり体重の増加体のむくみ「正月太り」へ一直線!これを少しでも解消するべく、ざわテンがすすめる「正月太り対策」をご紹介します。

えー、ちなみにざわテンの感想であり、効能は全ての人に確約するものではないので悪しからず。

実はざわテンもペッキーも、目の前にあるものにはお腹いっぱいでもひょいぱくしてしまう人種でして、忘年会、親戚集まり、新年会などなど食事がたくさん並ぶ場所では、つい誘惑に負けてしまう。今日も実家にお邪魔しておせち料理を前に、夫婦でこんな会話がありました。

ざわテン「あー、食べ過ぎて苦しい」

ペッキー「私も。でもなんか目の前にあるとつまんでしまう」

ざわテン「そやんな。あっ、エビあと残り一個やし勿体無いから食べて」

ペッキー「じゃあこれ食べるであなたそのちょっと残ってる角煮食べれば?」

二  人「(見合いながら)まぁ正月やし少し食べ過ぎても仕方ないよな」

なんということでしょう!あたかもご馳走たちに非があるかの如く、そして食べ過ぎてしまう言い訳として「正月だから仕方ない」という謎の呪文を唱え、その結果肥満という呪いを自らにかけてしまっているのです。

確かにわたくしざわテンの31年間の経験で語らせていただきますと、一年で最も太る時期と言っても過言ではありません。そして意識高い系のざわテンとしては、このような言い訳はこの時期を除き絶対に許されません!

●正月休み明けの共通の話題と言えば

ところでみなさんの正月太り対策はどうしているんでしょう。正月休み明けに人に会うといろいろな話が聞こえてきます。

ある人はこう言いました。

「私は正月休み明けからランニングして体重を戻すんだ!

そしてあの人はこう言いました。

「食糧難の時代が来た時、この蓄えた脂肪はエネルギーに変わるんだ

そして先輩の友人の知り合いの人はこう言いました。

デブじゃなくてぽっちゃりやし。てか、我慢ってよくないよね」

さて、色々紹介しましたが、正月太りってみなさん共通のテーマだったりしますよね。

でも、「太る太らないなんてそんなセンチメンタルな話はゴメンだ」

ってのが正直なところ。だがしかーし!何も言わずとも、11月にはなかったお腹のお肉が自分自身を過酷な現実に引き戻します。

●ズボラな人こそ「酢」を飲むことをおすすめする

お待たせしました、やっと本題です。

ざわテンはランニングとか食事制限とか面倒なことは嫌いですので、去年からずっと「酢」を飲んでいます。もとい、正確には「黒酢」を飲んでいます。

気になるお値段は、ざわテンが飲んでるのは近くのスーパーならきっと売ってるミ◯カンの黒酢、700mlで800円くらいかな。決して高い値段ではないです。

用法、用量はこちら

三食のうち、食後どれか一回に15cc飲む

以上!

えっと、大事なことなのでもう一度言います。

三食のうち、食後どれか一回に15cc飲め!

ざわテンは飲み方は男らしく(?)そのまま希釈せずにクイっとテキーラの如く、腰に手を当てて飲んでます。←牛乳じゃないんだから

希釈して飲むレシピはインターネットで検索すれば色々載っていますので自分に合うものを見つけてください。希釈して飲んでも効果は変わらないとのことですので。

どうですか家事シェアのパパ、そしてママ。自分の好きなタイミングで一日一回でいいんですよ?15ccって言ったら大さじ一杯と同じ、ほら、これならできるでしょう?いや、普段忙しい共働きアンド子育て夫婦でもこれくらいはできる!理由としては「ズボラで面倒くさがり屋のざわテンだって続けているから」です。

……え、そんな理由では納得できない?そうですか、ではズボラな私ですが、新年ということで、酢をすすめるべく、真面目な話をします!

sponsored link

●酢を摂るのはメリットが多いなんて誰でも知ってる

もはや酢が体に良いなんて周知の事実です。今更なんでそんなこと言うのかって?

太りたくないからに決まっとるやんか!

すいません、取り乱しました。……コホン、では改めまして。以下、青地で書くことが黒酢の効能・メリットです。あえて箇条書きにはしません。

疲労回復、美肌効果、睡眠の質向上、血糖値の急激な上昇を抑制、糖尿病予防、血中エタノール上昇を抑制(二日酔い防止)、高血圧予防、内臓脂肪の減少(肥満防止)、血流改善、防腐・殺菌効果、減塩・カルシウム吸収をサポート、食欲増進効果などなど

すげー、知ってたけど改めて黒酢すげー、ってのが正直な気持ちです。

ざわテンはこの黒酢メリットを見て、本当にこう思いました。

「巷にあふれるサプリメントなんて、黒酢あればいらんやん」

みなさんもこれを見て、酢というもの、そして黒酢というものに引き込まれてきたはずです。そして私も一日一回黒酢を飲んでみよう!って仲間が一人でも増えたら嬉しいです。

しかし羅列された効能・メリットで一つ気になるものがあります。

そう、食欲増進効果です!

「あかんやん 食欲増進 あかんやん」

おぉ、綺麗な五七五川柳ですね。

……冗談はさておき、そこは気になるでしょうから専門家ではないざわテンが簡単に説明させていただきます。

●食欲を増進させるがダイエットの天敵ではない

ここまで酢の中の黒酢を黒ー酢アップしてきたので(つまらない親父ギャグ本当にゴメンなさい、)ほんの一部ですが真面目に語りますね。

お酢の主成分である酢酸には唾液や胃液の分泌を促進し、消化酵素の働きを活性化させる働きがあります。この消化酵素の働きが活発になると胃の働きが良くなるため、お酢は食欲増進のサポートをしてくれると考えられています。しかし、「食欲を増進させるダイエットの天敵」という訳ではありません。お酢には脂肪の燃焼を促すアミノ酸もバランス良く含まれており、内臓脂肪の減少を促進する作用や腸内の善玉菌を増やして働きを活性化させる作用もあるため、ダイエットや便秘効果にも効果が期待できます。もう一つの効果として、疲労回復効果があります。体内で生成されている身体を動かすエネルギー源であるグリコーゲン(糖質)が減少すると疲労感を感じます。お酢に含まれる酢酸は足りなくなったグリコーゲン(糖質)の生成を促進し、体内に入るとクエン酸に変換され、乳酸(疲れがたまってきたよ!と脳に知らせるシグナル)を分解し、血中の乳酸濃度を低下させる効果もあります。つまり疲れる前の状態に戻そうとしてくれる働きがあります。

どうです?食欲増進でもダイエットに向いてるって少しは分かってくれましたか?でも、食前ではなく、食後に飲むってことをお忘れなく。

そしてここからざわテンの個人的な効果の表れを紹介すると、

・朝起きた時の顔のむくみがなくなった

・冷え性(男なのに足がめちゃくちゃ冷えてねれなかった)が改善した

・食べ過ぎてもなんだか黒酢が頑張ってくれて大丈夫な気がする←おい!

まぁ効果は人それぞれだとは思いますが、

ざわテンは今年一年も黒酢パワーを信じて正月太りという魔物、そして肥満という世の中のパパや中年の敵を吹き飛ばしていきたいと思う所存です。

最後に、説得力ないといけないので、ざわテンの身長と体重を書いておきます。

身長:175センチ

体重:66キロ

2016〜2017年の年末年始体重増加減:未測定

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - 食事 ,