夫が家事や育児をしない原因5選。男性目線から見る対処法とママに伝えたいこと

   

sponsored link

どうも、ざわテンです。

共働きが増えるご時世ですが、

まだまだ世の中は「家事や育児はママ」という方や

そうあるべきという考えの方が多いです。

 

パパも積極的に参加しにくい環境であったり

ママも「私がやらなくちゃ」という思いのもと

家事を分担することをやめてしまっている夫婦もいます。

 

家事や育児が偏ると、

負担する側の心身の健康の悪化や

夫婦喧嘩のきっかけになったり

ろくなことがありませんね。

 

今回、家事育児の分担体制作りをどうしようか悩んでいるご家庭、

パパが消極的になっている家庭を想定して

その原因や対処法を考えてみます。

 

家事育児のやり方が分からない

パパが家事や育児に参加するにはどうすれば良いか?

 

今までやったことのない本当に初めてのことなので、

何からすればいいのか分からないんです。

 

また教わる気がないパパは

「わからないものはわからないの!」

と逆ギレされるかもしれません。

(実際にそういう方がいることを知っています。)

 

対処法

そういう時はズバリ!

優しく教えてあげましょう。

これしかありません。

男って単純なので優しくすればやってくれます。

 

この時のママのNGワードは、

「なんでこんなことも出来ないの?」

これは絶対言ってはなりません!

最初は誰でも出来ないんです。

ムスッとして拗ねてしまい、何もやってくれなくなります。

 

ちなみに、最初からやる気のないパパには

「悪いけど、お願いしてもいい?パパにやってもらいたいんだけど」

と頼んで、優しくやり方を説明してください。

 

ごめんなさい、男ってワガママなんです。

(by男性目線代表:ざわテン)

 

参加するきっかけがつかめない

ママが手際よくちゃっちゃと家事をこなしていると

きっとパパはこう思います。

 

「よし!あとは任せた!」←(何のあとや!)

 

共働きで夫婦お互いが会社勤めの方も多いと思うので分かると思いますが、

仕事もある程度の切り分けが大事ですよね。

 

対処法

何もかも無理にママ一人でやろうとしないで

疲れやストレスがたまってしまわないうちに、

「悪いけど、ママも〇〇しないといけないから、これパパにやってもらっていい?」

と頼んでみてください。

(心の中では、「はよやれやこのノ○マ!」と思いながらも優しく言う)

 

パパが「仕方ないなぁ」と言えば、

おめでとうございますママの作戦勝ちの大勝利です!

(心の中では、「はよやれやこのノ○マ!」と思いながらも優しく言う)

 

子供が「ママがいい」と言う

この見出しとは別にパパも「ママじゃないとダメ」と思っているケースも同様です。

 

積極的に参加しようとするパパもいるんです!

がしかし、子供を抱っこしてもこう言われるんです。

 

「ママがいい〜!」

 

泣きじゃくる子にパパはショックです。

改めて感じる、ママ強し。

ここで挫けるパパが全国で多数いるとかいないとか。

 

子供は誰よりもママの愛情を知っていますし

母のぬくもりを求めます。

 

対処法

パパはスキンシップの時間を増やすことを心がけてください。

子供は楽しい方、安心できる方に行きます。

 

普段積極的に子供遊びに参加していると、

子供もパパともっと遊びたい気持ちになります。

 

ママにお願いしたいことは、

ママが全てやってしまうのではなく、

パパ一人で(もしくは一緒に)家事をする時間を作ってあげてください。

 

そして子供の

「パパが好き」

「パパといると楽しい」

「パパすごい」

こういったサインや言動があれば

すぐにパパに報告してください。

 

パパは褒められて伸びるタイプなんです!

sponsored link

パパと”嫁姑関係”になっている

家族のあり方や夫婦の関係は各家庭様々。

そしてもちろん家事の方法や負担割合もそれぞれ。

 

「油もののお皿と重ねないで!」

「シャツを干す時はしっかりシワを伸ばして!」

みたいに。

 

パパに細かいな〜と不満に思われます。(実際は細くない)

 

対処法

パパがやる家事にいちいちケチをつけるのはヤメにして、

「お皿運んでくれてありがとう!」

(心の中では、「前も言ったやろ!」と思いながらも優しく言う)

「アイロンかけておくね!」

(心の中では、「シワッシワのシャツ着て会社いけ!」と思いながらも優しく言う)

と盛り上げる方が家事に参加してくれる近道です。

 

どうしてもきになることや、子供の健康に関わることなどは

「こうした方がいいらしいよ」

と優しく教えてあげてください。

 

家事や育児は女性の仕事だと思っている

ここまでママに我慢して優しくお願いしてくれと

パパの希望ばかり書きまして申し訳ありませんでした。

対処法は以下です。

 

対処法

真正面からきちんと問題として議論し、

パパの考えを改めてもらうといった正攻法もありです。

 

これにはおそらく夫婦喧嘩はつきものですが、

ことあるごとに粘り強く主張すること、

ママは正しいことを言っているので良いと思います。

 

それによりパパの行動に変化が現れたというケースもあります。

 

家事に参加しないパパが

「面倒だから無理!」

というご家庭は、

パパがよく家事を頑張ってやっている家庭と家族ぐるみでお付き合いしたり

子育て、家事関係のメディアやイベントなどへの接触の機会をわざと作り、

「雰囲気を感じてもらう」ことから始めてみます。

 

最後に

結局はママに負担がかかる場面が多かったですね。

 

しかし、最初は誰でも分からないという大らかな気持ちを持って

ゆっくり教えてあげてください。

 

これからは働き方、家事のやり方も工夫して

パパもきちんと家事に参加してもらうことが重要ですね。

 

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - ライフワーク