男性服のリサイクル方法でおすすめは?寄付やクーポンでお小遣い稼ぎになる?

      2017/05/07

sponsored link

どうも、ざわテンです。

洋服は着ない服もどんどん溜まっていき、

タンスの肥やしになっているご家庭も多いかと思います。

 

いざ洋服を断捨離するにも、

「せっかく買った服なのにもったいない……」

こんな風に思いませんか?

 

そんな方に朗報です。

着なくなった洋服や靴などは古着回収サービスや寄付などで

リサイクルが可能です。

 

そんな古着回収を行っているを会社や店舗を今回まとめて紹介します。

 

マルイ

 

あの全国で有名なマルイです。

マルイは店舗別で年に数回、あるいは長期間に渡り、

2シーズン制(春夏物、秋冬物)で洋服を下取りしてくれます。

 

ちなみに対象品とそれ以外のものがあります。

HPで詳しく紹介されていますのでご覧ください。

注意点として、新品または新品に近いものという特徴があります。

 

ブランド問わず、マルイで購入した紳士服、婦人服、スポーツウェア

子供服、カバンや靴も対象になるのが嬉しいですね。

 

1点につき、マルイ全店で使用可能な「200円割引券」と

交換していただけます。

 

現金ではありませんが、大手百貨店ですので

訪問時の手土産や、しっかりした商品を買うとき使えますね。

 

ノーブランドの洋服はリサイクルショップでは値段が付かない時もあるので

マルイで割引券と交換できるのはメリットだと思います。

 

途上国支援や、災害復興支援などにリユースされるみたいですので、

是非こういった機会に、断捨離で社会貢献されてみてはいかがでしょうか。

 

H&M

引用元:http://www2.hm.com/

 

ファストファッションの代名詞と言っても過言ではない、「H&M」

私ざわテンも利用しています。

 

さてこんなH&M、古着の回収サービスをしているのはご存知ですか?

2013年に回収サービスを開始し、

現在(2017年4月時点)全ての店舗で回収サービスを展開しています。

 

最大の特徴は

「メーカーに関係なく、どんな状態の古着でも回収してくれる」

 

すごくないですか?

穴が開いていても、シミが付いていても

もはやケンシロウのように服がビリビリの状態でも

どんな状態でもWelcome!Don’t worry!です。

 

なんと1袋につき、500円クーポンが貰えます!(持ち込みは1日2袋まで!)

※3,000円以上の購入時使用可能

 

方法は簡単、

①いらない服を袋に詰め込む

②袋を持って近くのH&Mへ行く

③レジの派手なお姉さん、お兄さんに袋を渡す

④500円クーポンゲット

 

ちなみにH&Mではどんな状態の服でもオッケーと書いてあるので

どこまでオッケーなんだと調べたら、こんなものまでオッケーだそうです。

 

・ぞうきん

・シーツ

・メガネ拭き

 

……布ならなんでもいいんかい!

とツッコミを入れたくなりますが、

布ならなんでもいいみたいです。

 

回収時に中身の確認はありませんが、

きちんと断捨離した洋服(布)のみを袋に入れて

500円クーポンをゲットしましょう!

 

ユニクロ

誰もが知ってるあのユニクロ(UNIQLO)です。

引用元:http://www.uniqlo.com/

知っている方も多いとは思いますが、

「GU(ジーユー)」もユニクロのグループです。

 

気になる回収対象商品ですが、

「ユニクロあるいはGUで販売された商品」となります。

 

店頭の回収boxへ入れるとアフリカ9カ国へ送られます。

その数累計300万着!すごい数字ですね。

 

こちらは特にクーポンや割引券といった形ではなく

寄付という形になりますが、

あなたが断捨離して不要になった服は地球のどこかで

リサイクルされています。

 

社会貢献として、断捨離したユニクロ、GUの服は

回収に回してあげたいところですね。

 

無印良品

これも意外ですが、無印良品も古着回収しています。

 

その名も「FUKU-FUKUプロジェクト」

回収持ち込み対象品は無印良品製のものになります。

引用元:https://ryohin-keikaku.jp/

詳しくはHPをご覧になるとわかりやすいですが、

「FUKU-FUKUプロジェクト」にご参加いただいた

MUJI passport会員の皆様に

1,000マイルをプレゼント

とあります。

 

会員の方は無印良品で購入した服の断捨離を行う場合は

無印良品に回収するとお得のようですね。

sponsored link

キングファミリーチェーン

聞いたことがある方もない方もいらっしゃると思いますが、

ここは古着買取あるいはリサイクルする全国展開のお店です。

引用元:http://www.kingfamily.co.jp/

全国チェーン展開ということで

なぜか安心感があるのは私だけでしょうか。

 

そんなキングファミリーチェーン、古着を回収してくれる対象商品は

「なんでもオッケー」

だそうです。

 

ノーブランド、ハイブランド、インポートブランド

などなどジャンルにも決まりはなく

どんなタイプの古着も買取してくれるところがメリットですね。

 

ただし、回収して買取する基準が他とは違います。

 

それは重さで判断ということです。

1kg=150円

※この金額は服に限る

引用元:http://www.kingfamily.co.jp/

 

これを良しとするか、

否とするか。

 

断捨離してタダで処分するくらいなら

1kg150円で売ったほうが全然お得ですよね。

秋冬物の大量処分にはもってこいだと思います。

 

服以外の雑貨などの断捨離もここならまとめてできますね。

 

ツーハンズ

引用元:https://www.two-hands.net/

本部を愛知県名古屋市に置く古着屋さんで

ブランドや年式関係なく規定の大きさのダンボールに入れた分を

査定して買取してくれるお店です。

 

洋服をダンボールに詰め終わったら

着払いで送れて査定・買取してくれるのがすごく魅力ですね。

 

流れとしては

①送る準備をする

②ダンボールに荷物をつめる

③荷物を送る

④査定結果の連絡がくる

⑤現金支払い(ゆうちょまたは他銀行)

 

買取後の店舗での販売価格も安いので

買取価格自体は高くないみたいですが、

パパのランチ代くらいにはなるみたいです。

 

ただ断捨離して捨てるのはもったいないという方は

こういった店舗も活用してみるのもいいかもしれませんね。

 

ブックオフ

みんな知ってるブックオフ。

店舗によっては服など小物も買取を行っています。

引用元:https://www.bookoff.co.jp/

え!ブックオフなのに衣類売れちゃうの?

と思われる方もいるかもしれませんが、

ブックオフは本当にいろいろなものを

買い取ってリサイクルしていますね。

 

お近くの店舗で買取が行っているか上のリンクから

確認してください。

 

査定の待ち時間も本を眺めながら待つことができます。

量によりますが、30分程度で査定が終わります。

 

納得の行く査定であればその場で現金化!

これは嬉しいですよね。

 

1点1点査定額がわかる内訳も頂けますので

「買取が安くて嫌だな」と思ったものは

売らなければいいんです!

しかしここは断捨離。

きっちりお別れしましょう。

 

ZOZOTOWN

通販サイトの大御所、泣く子も黙るZOZOTOWN。

「ZOZOUSED」という古着のショッピングサイトもあるほど

買取には力を入れています。

引用元:http://sell.zozo.jp/

査定も無料なのが嬉しいですね。さすが大手。

ただし、買取対象品はノーブランドやユニクロ、HONEYSなどの

ロープライス商品は対象外となりますので

買取してくれるブランドを確認してから利用する必要があります。

 

しっかりとしたブランドであれば

その分しっかり査定にも反映してくれます。

 

査定後は現金かZOZOポイントでのお支払いになるので

普段ZOZOTOWNをお使いの方はポイントでも良いかも

しれませんね。

 

もちろん、私は現金で受け取り希望です!!

(ってどうでもいいか……)

 

NPO法人 日本救援衣料センター

海外の福祉活動のための寄付になります。

 

安く売ったりするより、またはただ断捨離するより

自分の洋服を寄付して役に立とう!

と思われる方はこういったところへ

洋服を出すと良いかもしれません。

引用元:http://www.jrcc.or.jp/

寄付することで何か良いことがあるかも知れませんね!

「何か」は私には分かりませんが。。

 

日本も東日本大震災や他の災害時にはこういった

洋服を回収し、リサイクルを行っている

NPO法人が沢山ありますので

国内に寄付するという方は

「服 寄付 国内」と検索して調べれば

沢山ヒットします。

 

興味を持った方は是非サイトにアクセスして確認してみてください。

 

最後に

いかがでしたか?

何年も着ていない服を断捨離できないのは、

「いつか着るかも?」と思っているからです。

 

手放した服を思い出して

「捨てなければ良かった」と

もしかしたら後悔するかもしれませんが、

それはその時の判断が甘かったと反省して

次に生かすしかありません。

 

そういった経験も繰り返して

断捨離の精度を上げていきましょう!

断捨離するための基準を書いた記事のリンクはこちら

 

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - ライフワーク ,