家事の時短は可能?家事に時間をかけたくない男性の為のおすすめ四訓

      2017/04/08

sponsored link

どうもざわテンです。

以前に時間を作る手段のお話をしましたが

毎日続く家事ってすごく面倒なんで

時短できればなぁなんて思いますよね。

でも、家事に一体どれくらいかかっているか

把握していますか?

時間を作り奥さんの家事を助ける3つの方法の記事はこちら

 

今日は家事に時間をかけたくないざわテンが実際にやっている方法を紹介します。

 

家事にかかる時間をタイマーで計る

料理なんかは献立によって品数も調理時間も変わるので把握しづらいですが、

掃除なんかは家の大きさは変わらないので、

よっぽとサボらない限りは掃除は一定時間内で終わるはずですよね。

 

洗濯なんかも干す時間が季節によって変わりますが、

夏と冬場でだいたいの目安はあると思います。

まずは家事にかかる時間を測定してみましょう。

 

いつ終わるか分かっていれば、

あとの家事の時間を計算できるようになり

計画的に行動できるようになります。

 

使用するタイマーは時計でもいいですし、

スマホについているタイマーで十分です。

 

掃除なら

お風呂、トイレ、リビングの掃除機など

 

洗濯なら

回す、干す、畳むなど

 

準備なら

歯磨きと洗顔、メイク、子供の支度など

 

各工程時間を細かく測定する。

 

時間測定は一回では分からないので、

各工程三回くらい測ってみれば大体の時間が把握でき、

「先に洗濯物干してから歯磨いても大丈夫だな」

「掃除機かけてから玄関の片付けも出来るな」

などなど、精度の高い計画が立てられるようになります。

 

同じ家事をするのであれば、

なんとなく気がついたところをやってこなしていくよりも

「スケジュール管理する」

この意識を持ってやることで時間を有効に使うことができ、

結果的に家事の時短につながります。

 

探し物をしないことが時短になる

探し物をしている時間てすごく無駄です。

まずそのことを自覚しているかいないかで大きく変わります。

 

朝の1分間、もとい3分間、365日探し物をすると仮定すると、

トータルで1095分。

時間にすると18時間15分となり、

1日の大半を探し物している計算になります。

探し物が3分で終わればいいですが、

5分、10分、20分……となったら、恐ろしい。

 

〜ざわテン家の日常〜

ざわテン「あれ?鍵が見つからない、どこ置いたか知らん?」

妻ペッキー「知らん!もー、だらしないな!キー!」

ケイ、ナア「パパだらしないなぁ」

ざわテン「 」

 

対処法はズバリこれ!

物をしまう場所を決めておきましょう。

そうすれば出しっぱなしにはなりません。

使っても元の場所にすぐ戻せるように

そうです、「物の指定席」を作りましょう。

 

「あれも?こんなものまで?」

そうです!使いたい時に限ってどこどこ?と探し回るのは

もうやめにしましょう。

まずは自分のよく探しているものを確認し、

それらの指定席を決めるだけで良いんです!

下に例を書きますので参考にしてください。

 

①家の鍵やシャチハタ印鑑

→玄関に入ってすぐの棚と決めておく、シャチハタは宅配が来た時用に

 

②リモコン(テレビ、エアコン、BD・DVDプレーヤー等)

→テレビの前と決めておく

 

③スマホやタブレット

→1箇所に集結させる、充電のコンセントがあるところにする

 

④新聞や雑誌

→リビングのくつろぐところやダイニングにマガジンラックを購入する

 

⑤毎日つける時計やアクセサリー・指輪

→キッチンで料理する時に外すならその周辺に小さな入れ物を置く

 

●すっきりさせるコツ

・生活感が出るものは表に出さない(爪切り・耳かきなど)

・生活感の出るティッシュなどは専用のケースに収納しておく

 

まずは1ヶ月やってみると良いです。

使いにくい場合は置き場の修正などを加えて習慣化させることが出来たら、

探し物にかかる時間が減り、他の家事ができるようになります。

sponsored link

大掃除はしない、だけど小掃除はする

共働きのような日々家にいる時間が少ない夫婦にとっては

専業主婦家庭のように家事は出来ないと言って間違いはない。

 

だけど、それでもしないと埃やゴミはたまっていくので

何もしないとゴミ屋敷になってしまう。

そうならないためにも、年末の大掃除に時間をとってやるのではなく

小掃除を日常的にやっていこうというのが今回の見出しの通り。

 

例えば、洗面所。

手、顔を洗い、歯を磨く。

その時に洗面台や鏡に飛び散る水分を残しておくと

水垢になってなかなか取れず、掃除に時間が掛かる。

 

対処法は簡単です。

・すぐにタオルで拭くこと

 

……いやいや、普通やん。

と思ったあなた。

これ結構大事なんです。

 

とにかく水垢は頑固ですし、

それに水分は時間が経つと

雑菌が繁殖しやすいので

とりあえずすぐ拭くこと!

そして乾かすことが一番清潔なおかつ時短になります。

 

もう一つ例に挙げると、冷蔵庫の上。

冷蔵庫の上って大掃除の時毎回「きったねー!」と思いませんか?

普段届かない場所なので埃も溜まり放題。

 

対処法は簡単です。どちらか好きな方をお選びください。

・ラップをかける

・新聞紙を引く(テープで固定)

 

他にもあるかもしれませんが、これをするだけで

埃取りは労力のかからない家事になります。

 

また、掃除をどれくらいの頻度で決めておくだけで

考える手間がなく、計画的に進められます。

例として参考にしてください

 

忘れないようにスマホにスケジュール化し、

通知設定しておくと忘れませんよ。

iPhoneカレンダーキャプチャ

 

これはiPhoneの「カレンダー」アプリですが、

他にもスケジュール管理のアプリは豊富にあると思いますので

ぜひ活用してみてください。

 

モノを厳選する、徹底的に

ざわテンもそうですが、30代って一番モノが多い年代かなと思います。

10代、20代の若い時に買った物がまだ使えると思っていて

中途半端な物があふれていませんか?

 

服、本、趣味で収集したものなどなど。

過剰に増えた物を抱えていると身動きが取れなくなり、

生活が機能的ではなくなります。

 

「探しても物が多くてどこにあるのか分からない……」

「どこにしまい込んだのか忘れた……」

 

多くの時間をロスし、イライラ。

 

物を厳選しましょう!いわゆる断捨離です。

断捨離の基準は人それぞれですが、

服は1年着ていなかったらオッケー

本や雑誌は1回以上読んでいたらオッケー

自分で基準を決めてしまいましょう。

 

人は物が少ない方が1つ1つの物に対してケアするようになり、

愛着が湧いて最後まで使いきろうという気持ちが芽生え、

その結果物が長持ちするといわれています。

 

物を厳選すれば、掃除も楽だし物もなくなりにくい。

 

やるなら徹底的にやりましょう!

 

最後に

いかがでしたか?

家事はマンネリになりがち。

私も家事はいかに早く終わらせることができるかを日々考えています。

 

プロフィールにも書いてありますが、私は掃除や洗濯は苦手です。

でもそれらもコツがわかれば時短は可能です。

皆さんも一工夫で、家事の時短を身につけてください!

 

今日はここまで!以上、ざわテンでした。

sponsored link

 - 節約